•  
  •  

できる男は歯に自信あり

mouth014

自分の歯の美しさや歯並びについて、ニューヨークの男性会社員は、大半が「自信あり」なのに対して、 東京では、口臭などを理由に自信をもてない人が多い。 なんて人ごとではないアンケートの結果が、ライオン〔本社 東京〕の調査でわかったんです。 大阪では、どうでしょうか?気になるところですが、 ニューヨークよりは、東京の方に近い結果になるような気がします。 けっこう、口臭で悩んでいる人多いんです。ニッと笑った時、たこ焼きのねぎが歯にはさまっていてもね。 そら匂いますよ食べたら磨こうね。 ライオンの4月に実施したアンケートでは、ニューヨーカーの自信は、 歯についても定期的に健康診断を受けているところからきているみたいです。 歯磨きの回数とか時間は、あんまり日米では差がありませんでした。 対象の会社員は、けっこうバリバリの30~40代のビジネスマン。 どちらも50人ずつ、あわせて100人に聞きました。 歯に自信がある人は、ニューヨークで70%なのに、なんと東京ではわずかに8%! ニューヨークでは、歯に汚れのないこと、歯並びが整っていることを、 「自信」の理由にあげた人が多かったです。 逆に東京の会社員は、自信のない理由として70%のひとが、「口臭」をあげました。 取引先や同僚に、けっこう気を使いながら距離をおいて話しているのか、 もちろん、接近戦で口臭をまき散らしながら、話すわけにもいかないでしょう。 これじゃ進む話も進まないし、まとまる話もまとまりませんなぁ~。 歯磨きの回数は、どちらも一日平均二回強で変わらず、 一回にかける時間も一分から三分未満が主流でしたが、 ただ違ったのがニューヨークの会社員の八割近く〔80%ですよ!〕が、 一年に1~2回、歯科医院で歯の健康診断を受けて、 歯石をとってもらったりしてプロの手によってお手入れをしてもらっているのに比べて、 東京で年一度の健康診断を受けているのは、わずかに二割強です。 この差がでかい!できる男のみだしなみですか。明日さっそく歯石とってもらおっと。